OpenIDログイン

日記投稿者リスト
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

TOP  >  ブログ  >  建築屋のはるちゃん  >  今日はなんの日  >  8月12日 今日はなんの日【航空安全の日・茜雲忌】
2011
8月 12
(金)
00:20
8月12日 今日はなんの日【航空安全の日・茜雲忌】
本文
&font(180%,,#c0c0c0){''日本最大の航空事故・・・             ''};
&ref(290px-JA8119_at_itami_airport_1982.jpg,mw:250);
航空安全の日・茜雲忌
1985年のこの日の、520人の犠牲者を出した日本航空123便墜落事故に
因む。遺族らがつくる「8・12連絡会」が編集したメッセージ集のタイト
ルから「茜雲忌」とも呼ばれる。日本航空123便墜落事故は、1985年8月
12日18時56分に、日本航空123便、東京発大阪行、ボーイング747が、群馬
県多野郡上野村の高天原山の尾根(御巣鷹の尾根)に墜落した事故で
ある。


運輸省航空事故調査委員会による事故調査報告書[1]によると、乗員乗
客524名のうち死亡者数は520名、生存者(負傷者)は4名であった。死者
数は日本国内で発生した航空機事故では2011年8月の時点で最多であ
り、単独機の航空事故でも世界最多である。夕方のラッシュ時とお盆の
帰省ラッシュが重なったことなどにより、著名人を含む多くの犠牲者を
出し、社会全体に大きな衝撃を与えた。特にこの事故を指して『日航機
墜落事故』『日航ジャンボ機墜落事故』と呼ばれることもある。

1987年6月19日に航空事故調査委員会が公表した報告書では、同機が
1978年6月2日に伊丹空港で起こしたしりもち着陸事故後の、ボーイン
グ社の修理が不適切だったことによる圧力隔壁の破損が事故原因と
されている。これをもって公式な原因調査は終了している。航空関係
者や遺族などの一部からは再調査を求める声があるが、現在に至る
まで行われていない。以上出典ウィキペディア

この事故も決して忘れてはならない、日本国内で最大死者の航空事故
である。渡辺兼主演の「沈まぬ太陽」でもこの事故がモデルで映画化さ
れたが、311震災とも並んでの悲劇である。アメリカによって自己原因
があいまいな結論になっているところに、色々な政治力が働いている
と想像できる。大きな力とはいつもこの様に事実の歴史を曲げてきて
いる。そのつけはかならずその大きな力に何百倍になってツケがまわ
ってくるであろう・・・大きな力を発揮している人は、早くそこにきづか
なければ、宿業の運命から、子孫に大変な災難が起こるであろう・・・
閲覧(2394)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
投稿者
アクセス数: 1424006 



ブログのタグ
カテゴリー
カレンダー
月表示
新着日記
新着コメント
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project Designed by rf