OpenIDログイン

日記投稿者リスト
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

TOP  >  ブログ  >  建築屋のはるちゃん  >  今日はなんの日  >  10月13日今日はなんの日【コピポア鉱山落盤事故】
2011
10月 13
(木)
00:50
10月13日今日はなんの日【コピポア鉱山落盤事故】
本文
&font(180%,,#c0c0c0){''暗闇の中の統制          ''};

&ref(無題_0.jpg,mw:250);

2010年 - チリの鉱山落盤事故で、地下に閉じ込められた作
業員33人の地下坑道からカプセルを使っての救出が始ま
る(コピアポ鉱山落盤事故)。


コピアポ鉱山落盤事故(コピアポこうざんらくばんじこ)
は、チリ共和国アタカマ州コピアポ近郊のサンホセ鉱山に
て、現地時間2010年8月5日に発生した坑道の崩落事故であ
る。崩落により33名の男性鉱山作業員が閉じ込められるも
、事故から69日後の現地時間10月13日に全員が救出された。

サン・ホセ鉱山 (el yacimiento San Joseまたはla mina San Jose)
は、コピアポの45km北に位置する。鉱山を所有するのは、ミネ
ラサンエステバン社[1][2]。作業員達が閉じ込められたのは
地下634mの坑道内で、これは坑道の入り口から5kmの位置で
ある。鉱山会社の弁護士を含む数名が、作業員らが救出され
た後、鉱山所有者らが破産に追い込まれる可能性を指摘し
ている[3][4]。

サンホセ鉱山は金と銅の産出で1889年から操業してきた
[5]。現在の所有者は、マルセロ・ケメニー・ヒューラー(40%)
とアレハンドロ・ボーン(60%)の二人である[6]。
以上出典ウィキペディア
閲覧(2933)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
投稿者
アクセス数: 1554666 



ブログのタグ
カテゴリー
カレンダー
月表示
新着日記
新着コメント
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project Designed by rf