OpenIDログイン

日記投稿者リスト
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

TOP  >  ブログ  >  建築屋のはるちゃん  >  今日はなんの日  >  10月20日今日はなんの日【皇后美智子誕生日】
2011
10月 20
(木)
00:20
10月20日今日はなんの日【皇后美智子誕生日】
本文
&font(180%,,#c0c0c0){''両親の気遣い・・・                ''};

&ref(800px-Crown_Prince_&_Princess_&_Emperor_Showa_&_Empress_Kojun_wedding_1959-4.jpg,mw:250);

1934年 10月20日皇后 美智子誕生日

現代における概要

天皇の后を「皇后」と呼ぶ。2011年現在の皇后は、美智子(旧姓:正田)。
皇室典範に定められた敬称は陛下(23条)、崩御後は陵に葬られる(27条)
。立后には皇室会議の議を経ることが必要である(10条)が、すでに皇位継
承者の妃である場合、夫の即位に伴って皇后となる。崩御した際には、「○○
皇后」と追号されるのが慣例となっている。明治時代以降の皇后は次の通り。


昭憲皇太后(美子) - 明治天皇后
貞明皇后(節子) - 大正天皇后
香淳皇后(良子) - 昭和天皇后
皇后(美智子) - 今上天皇后

なお現在の皇后(美智子)を除き、全員に「皇太后」だった期間がある。明治19
年(1887年)1月、皇后(=昭憲皇太后)による「婦女服制の思召書」の布告によ
って、洋服着用が奨励され、宮中においても日常着から洋服を着用することと
なった。このため、戦前、皇后の和服(着物)姿の写真が公開されることはなか
った。ただし香淳皇后は、和服を所有しており、私的な写真は撮影されていた。

大戦中には、倹約の奨励から「宮中服」が考案されるが、実際には皇后(=香淳
皇后)しか着用しなかったため「皇后服」の異称もある。昭和27年(1952年)にな
って、香淳皇后がはじめて和服(訪問着)を着用して公の場に現れた。以後、今日
に至るまで、日本の伝統衣装として皇后および女性皇族が和服を着用する機
会も多い。

式典、儀式においては、常に天皇の左側(向かって右)に位置する。古来、向かって
右側が上位であったが、近代になって、西洋式に向かって左側が上位に改められ
たことによる。この並び順は、ひな人形の飾り方にも影響を与えている。

皇后の主要なつとめとして、養蚕が挙げられる。『日本書紀』にも、皇后が養蚕を
行ったという記述があり、昭憲皇太后が明治時代になって復活させた。以後、歴
代皇后に引き継がれている。以上出典ウィキペディア
閲覧(2968)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
投稿者
アクセス数: 1554661 



ブログのタグ
カテゴリー
カレンダー
月表示
新着日記
新着コメント
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project Designed by rf