OpenIDログイン

日記投稿者リスト
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

TOP  >  ブログ  >  建築屋のはるちゃん  >  今日はなんの日  >  10月21日今日はなんの日【エジソンが白熱電球を一般公開】
2011
10月 21
(金)
00:00
10月21日今日はなんの日【エジソンが白熱電球を一般公開】
本文
&font(180%,,#c0c0c0){''日本人とゆかりが深い              ''};

&ref(200px-Edison2.jpg,mw:250);

1879年 - トーマス・エジソンが日本産の竹の繊維を使ったフィラメントを用いた
白熱電球を完成させ、アメリカ・ニュージャージー州で初めて一般に公開する。

「発明王」の名を持つ。研究所が置かれたニュージャージー州のメンロパーク
(メンロー・パークとも表記する)にちなんで、「メンロパークの魔術師」 (The W
izard of Menlo Park) とも呼ばれた。リュミエール兄弟と並んで映画の父とも言
われている。ゼネラル・エレクトリック (GE) の雇われ社長でもあった。このほか
、自らの発明の権利を守るため訴訟を厭わなかったことから「訴訟王」の異名
も持つ。


一方でジョルジュ・メリエスの傑作「月世界旅行」を公開前に無断で複製しア
メリカ中の映画館に売りつけ巨額の富を得たという事実も存在する。 日本で
は長らく「エジソン」という表記が定着していたが、近年は "di" という綴りを意
識して「エディソン」「エディスン」と表記する場合もある。幼少期の通称は「アル」。
「電球を発明した」人物として有名。実際には、電球のような家電を含めて発電
から送電まで電力の事業化に成功したことが、最も大きな功績である一方、飛
行機を作ることを考えながらもライト兄弟に先を越されるエピソードの存在
など失敗も少なくはない。

日本人との関係 [編集]
日本の竹を電灯に使用したことは広く知られているが、日本人と幅広い親交
があったことはあまり知られていない。エジソン・マシン・ワークス社で2年働
いた後に日本電気 (NEC) を設立した岩垂邦彦や、白熱舎(現在の東芝)を設立し
た藤岡市助らが直接影響を受けたほか、渋沢栄一、金子堅太郎、尾崎行雄、御木
本幸吉、星一、福澤桃介、野口英世などと親交があった。

最近では、エジソン唯一の日本人助手岡部芳郎の存在が分かっている。1905年
ごろから9年間エジソンの助手として働いた後、エジソン式トーキー映写機
の技師として日本に帰国、松井須磨子の「カチューシャの唄」(制作:日本キネト
フォン)を制作・上映した[4]。岡部の存在は長らく知られていなかったが、1931
年11月27日に日比谷公会堂にて行われたエジソン追悼会の席上、追悼会長で
あった金子堅太郎によって「日露戦争の戦費調達のため訪米した際、エジソン
より秘密研究室で働く日本人を紹介されたのが岡部芳郎君」と紹介された。

新渡戸稲造の『武士道』の愛読者としても知られる。
1922年、アメリカ国内でジャーナリストとの対談をおこなった際、当時の日本
について「日本は進歩的で進取の気性に飛んだエネルギッシュな国である。日
本国民をその小さな島国に永久に閉じこめておくことは出来ない」と述べ、日
本の拡張政策に理解を示した[5]。以上出典ウィキペディア
閲覧(3114)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
投稿者
アクセス数: 1424099 



ブログのタグ
カテゴリー
カレンダー
月表示
新着日記
新着コメント
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project Designed by rf