OpenIDログイン

日記投稿者リスト
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

TOP  >  ブログ  >  建築屋のはるちゃん  >  今日はなんの日  >  10月26日今日はなんの日【金八先生放送開始】
2011
10月 26
(水)
02:30
本文
&font(180%,,#c0c0c0){''時代・・・                   ''};

&ref(金八先生.jpg,mw:250);

1979年 - TBSテレビで「3年B組金八先生」第1部が放送開始

『3年B組金八先生』(さんねんビーぐみ きんぱちせんせい)
は、TBSが1979年(昭和54年)から2011年(平成23年)までの
32年間にわたって断続的に制作・放送されたドラマ。「桜中
学シリーズ」のメイン番組であるとともに、日本の学園ド
ラマを代表する作品である。


原作・脚本は小山内美江子(ただし、脚本は岡本克己、重森孝
子、横田与志が担当している回も存在する。また、第7シリー
ズ第11回~最終回・第8シリーズおよびスペシャル11・12は
清水有生が担当している)。プロデューサーは柳井満、ディレ
クターは生野慈朗、福澤克雄、竹之下寛次など。

東京都の区立桜中学校[1](第3シリーズとスペシャル7・8の
み区立松ヶ崎中学校。いずれも架空)を舞台に、中学校の教
員(国語を担当)である坂本金八(さかもと きんぱち)が、学
級担任をしている3年B組内に起こる様々な問題を体当た
りで解決していくというのが大まかなあらすじである。
歴代の作品は中学3年時、特に本放送時と同じ時期である
2学期中盤(第8シリーズでは2学期制導入により後期)から
卒業時までを取り上げてきた。

その中で高校受験、学習発表会での演劇や文化祭での合唱
コンクール、ソーラン節の他、中学校での学校行事も取り上
げているが、中学校3年時にあるイベントであっても修学旅
行や体育祭のように作中において一度も取り上げられな
かったものもある[2]。

当初の主人公は岸田智史(現:岸田敏志)の予定であったが、
「きみの朝」のヒットによりコンサート活動などで多忙と
なり、同じ芸能事務所所属であり、映画『幸福の黄色いハンカ
チ』(1977年)で俳優としての頭角を現したばかりのフォー
クグループ『海援隊』のリードボーカルを務める武田鉄矢が
出演することになり[3]、名実ともに坂本金八役の武田の代表
作でもあり、当たり役となった。

岸田は次番組『1年B組新八先生』の主人公で、桜中学に赴任
する新人教師・新田八郎太役で出演することとなり、金八先
生第1シリーズの最終回に新人教師の紹介としてゲスト出
演している。主人公の坂本金八の名は、武田鉄矢が尊敬して
いるという坂本龍馬と初期の放送枠であった「金曜八時」か
らきている。

プロデューサーの柳井満によれば、当時裏番組で『太陽にほえ
ろ!』(日本テレビ)や『ワールドプロレスリング』(テレビ朝日
)が放送されており、この強力な裏番組のために放送された番
組がことごとく低視聴率に終わったため、1979年初夏に編成部
で「金八(金曜の八時)をどうにかしろ」という合言葉が広がっ
ていたことが発端である[4]。

番組上の設定では8人兄弟の8番目だからということになって
いる[5]。また、企画段階では苗字が「坂本」ではなく「阪本」で、さ
らに英語担当の教員という設定だった。そのときの英語の筆記
体が書かれた黒板と金八が熱心に教える描写のスチル写真が
現在もTBSに残されている。武田本人によれば「編成と制作の間
で行き違いがあって編成は英語教師と思い込んでいた」という[6][7]。

生徒役は、第1・第2シリーズでは、制作側から指名した役者[8]のほ
か、芸能事務所や児童劇団からの推薦を受けた子役が出演して
いたが[9]、第3シリーズからプロダクションや劇団に所属する役
者の中からオーディションで選抜された[10]。特に「金八」人気が再
燃した第5シリーズ以降、生徒役を目指す役者が多く集まり、第6シ
リーズでのオーディション倍率は40.5倍、第7シリーズでは43.1倍、
ラストパートとなった第8シリーズでは43.7倍となった[11][12]。

「金八先生」の生徒役を演じた役者が、現在も俳優やタレントとし
て活躍しているケースは少なくない。

ロケ地の一つ 堀切駅
オープニングは毎回俯瞰のアングルで映っている坂本金八が
「3年B組ー!」と叫んだ後、出演している生徒たちが「金八先生ー
!」と叫びながら金八の周りに駆け寄り、全員で金八を胴上げす
るといった演出をとっている。第1シリーズから32年間、一切これ
らの演出は改変されなかったため、番組終了後の現在でもパロデ
ィにされることが多い。

桜中学校の撮影には、主に東京都足立区立第二中学校が使用さ
れていた。しかし第1シリーズ中盤より、話題が妊娠など過激で
あったため第二中学校側が撮影に難色を示し[13]、第2シリーズ
では桜中学、荒谷二中、高校合格発表の場面などは葛飾区立葛飾
小学校、綾南小学校、江南中学校、都立南葛飾高校などが使用され
ている。

第5シリーズからは再び第二中学校が使用されていたが、第二
中学校は同区立第十六中学校とともに2005年3月31日をもって
足立区立千寿桜堤中学校に統合され、廃校となった[14]。なお、足
立二中の廃校舎は改修増設工事後、2007年度より東京未来大学
と「金八記念館」(予定)として使用されている。また、第8シリー
ズでは足立区立鹿浜中学校が、スペシャル12『最後の贈る言葉』
は旧足立区立新田小学校[15]がロケ地になった。

スペシャルを含め185話制作され、金八が定年となるのを理由に
[16]、2011年3月27日放送のスペシャル12をもって幕を閉じた。
2011年夏期に赤坂サカスで開催された「夏サカス2011?笑顔の扉
?」イベントでは、スマイルストリートに3年B組の教室が再現され
『金八』の歴史が展示された[17]。断続的ではあったが、放送期間32年
間という歴史が物語るように、『水戸黄門』や『渡る世間は鬼ばかり
』とともにTBSを代表するドラマ作品となった。
以上出典ウィキペディア
閲覧(5556)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
投稿者
アクセス数: 1425533 



ブログのタグ
カテゴリー
カレンダー
月表示
新着日記
新着コメント
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project Designed by rf