OpenIDログイン

日記投稿者リスト
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

TOP  >  ブログ  >  建築屋のはるちゃん  >  今日はなんの日  >  10月28日今日はなんの日【ちびまるこちゃん最高視聴率39.9%】
2011
10月 28
(金)
00:20
10月28日今日はなんの日【ちびまるこちゃん最高視聴率39.9%】
本文
&font(180%,,#c0c0c0){''平成のサザエさん           ''};

&ref(images_19.jpg,mw:250);

1990年 - テレビアニメ「ちびまる子ちゃん」の視聴率が39.9%
を記録し、視聴率調査の方式が現在の形に移行されてからの
歴代テレビアニメ番組の1位になる。

1974年~1975年頃の静岡県清水市(現静岡市清水区の入江地
区)を舞台にして、「ちびまる子ちゃん」こと、さくらももことそ
の家族、友達が繰り広げる日常を描いた笑いあり、涙ありのコ
メディである。第2期の初期に時代設定を当時の現代である19
90年代前半に変更したが、現在は元の時代設定に戻している。


1989年度(平成元年)、第13回講談社漫画賞少女部門受賞。
初期は、作者自身の小学生時代の実話をもとにしたエッセイ風
コミックだったが、長期連載になるに従って作風が変化し、ほぼ
完全にフィクションのみの話になっていく。それに伴い、登場キ
ャラクターも初期は比較的リアルな人物描写だったが、次第に
マンガチックにデフォルメして描かれるようになる。

テレビアニメ作品、劇場アニメ作品とともに大人気となった他
、連載されていた漫画『りぼん』のコミックスの中では通巻最高
発行部数(3000万部以上)を記録。関連商品、キャラクターグッズ
も数多い。1989年に西武百貨店の新聞広告で使われたり、『アイ
ドル時代の神話』(小倉千加子/著、朝日新聞社)(元は朝日ジャ
ーナルの連載記事)などの書籍での紹介で、ある程度アニメ本
放送前から一般にも知られていたが、1990年のテレビアニメ
放映とそれに伴う関連商品発売、その他のアニメ版を基にし
たイラスト広告などでの利用によって「平成のサザエさん」と
呼ばれるほどの国民的な認知度を得るに至る。

1990年のキャラクター商品の売上額は年間100億円以上を記録
した。1991年には700億円に達したとされており[1]、「人間キャラ
は売れない」という業界のジンクスを覆した[2]。

2006年4月18日、10月31日には実写テレビドラマ化され(ドラマ
の項を参照)、2007年4月19日からはレギュラー番組として『まる
まるちびまる子ちゃん』の放送を開始した。当初半年予定の放映
期間は延長され、2008年2月28日に番組終了となった。

2007年7月から東京新聞・中日新聞・北陸中日新聞の中日新聞社発
行朝刊紙面と提携をしている新聞紙面で、ちびまる子ちゃんの4
コマ漫画の連載が開始されている。

また、2006年から、小学館の『ビッグコミックスピリッツ』に自著の
エッセイ「ひとりずもう」を原作とした漫画を連載、上下巻が出版
されている(2009年現在、上下巻発売中)が、登場人物のキャラクタ
ーデザインが「ちびまる子ちゃん」に準じている。

平均視聴率(数字はすべてビデオリサーチ調べ)について、関
東地区での第1期初回は17.8%、第2期初回は24.6%、番組最高視
聴率は1990年10月28日放送の39.9%で、歴代アニメ視聴率第1
位。関西地区での番組最高視聴率は1990年10月14日放送の
37.8%。2011年現在ではそこまでの数字は上がらないものの、
関東・関西ともに10%前後は安定して保っている。

1964年には『鉄腕アトム』が40.3%という『ちびまる子ちゃん』
を凌ぐ視聴率を記録しているが[4]、当時は日記式の視聴率調
査であり、自動的に視聴率を測定する現行のオンラインメー
ター方式は1977年以降の導入である[5]。本作のアニメ視聴率
1位の記録は、関東地区の1977年9月26日以降の調査において
というただし書きがついている。以上出典ウィキペディア
閲覧(5408)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
投稿者
アクセス数: 1503526 



ブログのタグ
カテゴリー
カレンダー
月表示
新着日記
新着コメント
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project Designed by rf