OpenIDログイン

日記投稿者リスト
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

TOP  >  ブログ  >  建築屋のはるちゃん  >  今日はなんの日  >  11月9日今日はなんの日【徳川慶喜が大政奉還を宣言する】
2011
11月 9
(水)
00:20
11月9日今日はなんの日【徳川慶喜が大政奉還を宣言する】
本文
&font(180%,,#c0c0c0){''世界の渦中に入る             ''};

&ref(220px-Taisehokan.jpg);

1867年(慶応3年10月14日) - 徳川慶喜が二条城で大政奉還を宣言。

江戸時代、徳川将軍は日本の統治者として君臨していたが、形式的
には朝廷より将軍宣下があり、幕府が政治の大権を天皇から預かっ
ているという大政委任論も広く受け入れられていた。幕末、朝廷が
自立的な政治勢力として急浮上し、主に対外問題における幕府と
の不一致により幕府権力の正統性が脅かされる中で、幕府は朝廷
に対し大政委任の再確認を求めるようになった。


文久3(1863年)3月・翌元治元年4月にそれぞれ一定の留保のもとで
大政委任の再確認が行われ、それまであくまで慣例にすぎないもの
であった大政委任論の実質化・制度化が実現した。
慶応3年10月の徳川慶喜による大政奉還は、それまでの朝幕の交渉に
よって再確認された「大政」を朝廷に返上[1]するものであり、江戸幕府
の終焉を象徴する歴史的事件であった。

しかし、この時点で慶喜は征夷大将軍職を辞職しておらず、引き続き
諸藩への軍事指揮権を有していた。慶喜は10月24日に将軍職辞職も
朝廷に申し出るが辞職が勅許され、幕府の廃止が公式に宣言される
のは12月9日の王政復古の大号令においてである。
大政奉還の目的は、内戦を避けて幕府独裁制を修正し、徳川宗家を筆
頭とする諸侯らによる公議政体体制を樹立することにあった。

しかし大政奉還後に想定された諸侯会同が実現しない間に、薩摩藩
を中核とする討幕派による朝廷クーデターが起こったのである。

大政奉還上表の前日の10月13日、徳川慶喜は開成所教授職を務めた
幕臣の西周に対し、英国の議院制度等に関して諮問を行っている。大
政奉還成立後の11月、西は意見書として「議題草案」を慶喜側近の平
山敬忠に提出している(他にも慶喜周辺に存在した構想として、津
田真道の「日本国総制度」(同年9月)などが知られている)。

西はこの中で、徳川家中心の具体的な政権構想を示している。西洋の
官制に倣う三権分立が形式的にではあるが取り入れられ、行政権を
公府が(暫定的に司法権を兼ねる)、立法権を各藩大名および藩士に
より構成される議政院がもつこととしており、天皇は象徴的地位に
置かれている。公府の元首は「大君」と呼ばれ、徳川家当主(すなわち
慶喜)が就任し、上院議長を兼ね、下院の解散権を持つものとされて
いた。

軍事については、当面各藩にその保有を認めるが、数年後には中央に
統合するものとされた。その他、従来の諸大名領を現状のままとし、公
府の機構は幕府のそれとの関連が意識されているなど、極めて現実
的な計画であった[2]。
また、11月27日、永井尚志(幕府若年寄格)は後藤象二郎に対し、慶喜に
は将来的に郡県制を施行する構想があることを伝えている

以上出典ウィキペディア
閲覧(5883)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
投稿者
アクセス数: 1424029 



ブログのタグ
カテゴリー
カレンダー
«前の月次の月»
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
月表示
新着日記
新着コメント
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project Designed by rf