Wikiメニュー
OpenIDログイン

新着ページ
コメント一覧
  1. Re: 任意継続被保険者 建築屋のはるちゃん 2011/5/24 6:10
  2. Re: 任意継続被保険者 ゲスト 2011/5/21 16:32
  3. Re: 任意継続被保険者 ゲスト 2011/5/21 16:32
  4. Re: プロフィール 建築屋のはるちゃん 2011/1/30 8:39
  5. Re: プロフィール そうちゃん 2011/1/29 21:41
  6. Re: プロフィール 建築屋のはるちゃん 2011/1/24 6:53
  7. Re: プロフィール そうちゃん 2011/1/23 21:37
  8. Re: プロフィール 建築屋のはるちゃん 2011/1/19 5:04
  9. Re: プロフィール そうちゃん 2011/1/18 21:23
  10. Re: びっくりした! 建築屋のはるちゃん 2011/1/18 16:41
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

いい土地の選び方

現在家を考えている方は

土地から買って家を建てる場合が殆どです。

 

いい土地っていったいなんでしょうか?

何を基準に、どんな判断でいい土地というのでしょうか?

「素人ではよくわからないわ」

おっしょる通りです。そのお気持ちはよくわかります。

 

いい土地かどうかの判断には、

きちんとした調査が必要になります。

調査先とは、役所や地元の人々、そしてその土地だけでなく、

周辺を見て回り、目標である建築工事への環境を考える必要があります。

 

それらすべてを見て考え、そこに初めて正確な判断が生まれます。

 

しかし、現実的には、素人でそこまで深く判断する事は不可能に近いでしょう。

その為に不動産業のロがいるのですが、

不動産業のプロとは、反面土地を売って生計を立てているため、

どうしても自分の商売を優先に考えてしまいます。

 
 

あなたとは、土地を買う目的が必ずしも合致しない事を想定しておきましょう。

【購入候補地】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「良さそうな土地が見つかったわ!!」

おめでとうございます。まずはスタートラインに立てそうですね!

しかし、その土地が本当に買っていい土地なのか判断に迷いませんか?

「そうなの、それが悩み種なの、大きな買い物だから買っていいのか判断できないの?」

【大きなズレ】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

不動産を販売する不動産業者と、そこに建築する建築業者とでは、

土地の見方に[天と地ほどの大きななずれ]があります。

極端に言いますと、

不動産業者は土地が[売れればいい]だけで、

そこに[どんな建物が建とうと関心がない]のです。

これは商売の形態上仕方のない事実なのです。

ところが、私たち建築業者の場合は・・・

【建築業者の目線】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私たち建てる側の建築業者が土地を見るときは,
例えば下記の様に、まずは[8つのポイント]が気になってしまいます。

ポイント [家を建てる前に法規上の問題はないのか?]

●これは着工時期に影響します。

 最大で90日程度着工が遅れる場合があります。

 この間、住宅ローン金利が上昇したり、一時的に借りている仮住まい等の家賃がかかり、

 資金計画が大幅に変わり、当初計画していた家のグレードを下げる事態に発展する事もあります。

ポイント [その他申請や許可は必要ないのか?]

●着工時期と資金計画に影響があります。
 前述以上に問題で、最大240日程度着工が遅れる場合があります。
 さらに50万円以上の高額な許可申請費用がかかる事もあり、さらに資金計画を圧迫させる場合があ

 ります。

ポイント [昔はどんな地盤だったのか?]

●工事費に影響します。

 軟弱地盤による地盤改良工事で100万円くらいかかる場合もあり、資金計画を狂わせます。

 軟弱地盤だけは無視できませんから、当初計画していた家のグレードを下げる事態に発展する事も

 あります。

ポイント [現場の周りだけでなく、そこに至るまでの進入路は確保できるのか?]

●工期の遅延と工事費用に影響します。

 進入路が狭い場合、大型車両による建築材料の搬入や、工事車両自体が侵入出来ない為、

 工事自体に時間がかかり工期が長くなります。

 さらに、小さな車両に小分けして建築材料を運ぶため、運搬費用がかさみ、

 建物グレードを下げる事態になる事もあります。

ポイント [道路との高低差はあるのか?]

●材料搬入に影響します。
 敷地と道路の高低差が極端にある場合、

 建築材料搬入にクレーン等使用しなければならない場合があり、

 運搬車両が限られ工事費用が増大します。

 さらに、工事自体にも手間がかかり工期が長くなる場合もあります。

 その結果、工事費用がかさみ建物グレードを下げる事態になる事もあります。

ポイント [電気がすぐに届くのか?]

●着工時期の遅延又は工事費用に影響します。

 仮設電気の引き込みが出来ないと工事が進められない為、

 着工時期が最大30日くらい遅れる場合があります。

 仮に発電機を使用しての工事の場合、発電機リース等の工事費用増大につながり、

 工事費用がかさみ建物グレードを下げる事態になる事もあります。

ポイント [水道がすぐに入ってくるのか?]

●入居時期の遅延及び、工事費用に影響します。

 水道の引き込みが遅れる場合、工事の遅延による工期延長と、

 引き渡しまでに間に合わない場合、引き渡しを受けても生活が出来ない場合があります。

 さらに、各業者が水を持参する為に、工事費がかさみ建物グレードを下げる事態になる事もあります。

ポイント [排水先がすぐにつながるのか?]

●入居時期の遅延に影響します。

 汚水引き込みが完成に間に合わない場合、引き渡しを受けても生活出来ない場合があります。

以上ほんの一部をご紹介しましたが、まだまだ他にもチェックする項目はたくさんあります。

私たち建築業者は、

まずは前述の様な[建てることに問題がないのか]を見ます。

それはイコール[余計なコストがかかるかの見極め]をしているのです。

その見極め方には、建築計画を揺るがすほどの大きな違いが・・・

【見解のズレ】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ただ[売れればいい]という見解と、

ここに[建てるといくらかかる]のだろうという見解には、

とても[大きなズレ]があります。

私たち建築業者の目線の先には・・・

【いい土地の見極め】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私たち建築業者の目線は、

建て主である[あなたの目線と全く同じ]なのです。

全てを安心して進められる住まいづくりが出来て、初めて満足を得られるのです。

大手メーカーの営業マンや一般の工務店では、

不動産知識自体が浅いため、押しの強い不動産業者の言いなりになってしまっています。

しかし、笑顔ハウスでは不動産の知識も深いため・・・

【解決策】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私たち笑顔ハウスでは、

業界の裏事情を熟知している独自ノウハウであなたにアドバイスが出来ます。

それも、一般工務店ではお手上げになってしまう、

住宅ローンノウハウ、不動産ノウハウ、許可申請ノウハウetc・・・

建物に関するすべてのノウハウを併せ持ったアドバイスですので、

土地探しや、土地取引で分からない事がありましたら、

何でもご相談下さい。必ずご満足いただけます。

土地探しからのご相談も同じですが、

ご自分で土地が見つかった際にもまずはご相談ください。

さらに詳しく知りたい方はこちらまで・・


新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 1572, today: 1, yesterday: 0
最終更新: 2011-02-14 (月) 10:50:39 (JST) (2929d) by 建築屋のはるちゃん
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project Designed by rf