Wikiメニュー
OpenIDログイン

新着ページ
コメント一覧
  1. Re: 任意継続被保険者 建築屋のはるちゃん 2011/5/24 6:10
  2. Re: 任意継続被保険者 ゲスト 2011/5/21 16:32
  3. Re: 任意継続被保険者 ゲスト 2011/5/21 16:32
  4. Re: プロフィール 建築屋のはるちゃん 2011/1/30 8:39
  5. Re: プロフィール そうちゃん 2011/1/29 21:41
  6. Re: プロフィール 建築屋のはるちゃん 2011/1/24 6:53
  7. Re: プロフィール そうちゃん 2011/1/23 21:37
  8. Re: プロフィール 建築屋のはるちゃん 2011/1/19 5:04
  9. Re: プロフィール そうちゃん 2011/1/18 21:23
  10. Re: びっくりした! 建築屋のはるちゃん 2011/1/18 16:41
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

土地建物の不動産取引に仲介業者を入れると仲介手数料が発生します。

よく聞く話は「3%くらいかな」

とは思うでしょうが、細かく言うと実際は違います。

(売買価格の3%+6万円)に消費税

これが不動産業界の仲介の基本収益源なのです。

半端なプラス6万円って何?と不思議に思われるでしょう。

 

本来の仲介料計算の中身を見ると

200万円以下の仲介手数料は           5%に消費税

200万円超から400万円以下の仲介手数料は 4%に消費税

400万円超の仲介手数料は            3%に消費税

 

以上の様に宅建業法で定められています。

 

例えば1,000万円の仲介手数料を詳細に算出すると

200万円以下              A 200万円の5%=10万円

200万円超~400万円以下     B 200万円の4%=8万円

400万円超~1,000万円       C 600万円の3%=18万円

  A+B+C=36万円

36万円の消費税(5%)=378,000円

以上の式が面倒な為に簡易計算式の+6万円という数字が出てきます。

仮に400万円以下も3%で計算すると

200万円以下             D 200万円の3%=6万円

200万円超~400万円以下    E 200万円の3%=6万円

400万円超~1,000万円      F 600万円の3%=18万円

  D+E+F=30万円

30万円の消費税(5%)=315,000円

ABCDEFでちょうど6万円の差が出てしまいます。

200万円以下で差額4万円

400万円以下で差額2万円

合計6万円が単に3%をかけた式との違いなのです。

以上の様に、全体にまず3%をかけ、6万円をプラスすればちょうど

本来の計算式とピッタリな計算になる為、プラス6万円という数字が出てくるのです。

 

(売買価格の3%+6万円)に消費税

如何でしょうか?これが不動産仲介料の計算式です。

解決しましたか?


新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 4516, today: 1, yesterday: 0
最終更新: 2009-02-07 (土) 12:21:05 (JST) (3666d) by 建築屋のはるちゃん
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project Designed by rf